平成17年1月23日に県域青年部主催でイチゴ狩り・餅つき大会が開かれました。
県域青年部主催のイチゴ狩り・餅つき大会が横須賀津久井浜観光農園で開催されました。私達は受付を担当しているので午前8時頃鶴見を出発し、大黒ふ頭から湾岸線を経由して並木インターで横横に乗り換え目的地には9時15分頃到着し総合案内所の脇に受付を設置して皆さんのお越しを待ちましたが、当日は雪がちらつくほどの寒さで車に揺られてた時の眠気も吹っ飛びました。

集合時間には、88名もの参加者が無事集まり受付を済まされイチゴを堪能していましたよ。昔は、女峰だけで形は良いんですが酸っぱくて辛い思いをした事がありますが、現在は4〜5種類の苗を混ぜて植えているのでイチゴの食べ比べが出来るし隣のハウスでは水耕栽培をしていて、観光客には足元が汚れず好評だそうです。制限時間30分という短いのか長いのか微妙な時間が過ぎ皆さんがハウスを出てきた頃餅つきの準備が隣の空き地で進められ、これから合計4臼の餅をつきます。

まず始めに石井部長に杵を握って頂き威勢の良い掛け声と共に餅つきの始まりです。1臼4〜5人交代でつき上げ、あんこ、きなこ、おろし大根をからめて食べたらつきたてのお餅は美味しいらしく、さっき食べたイチゴのことも忘れおかわりの大行列。

今回は家族会もかねていましたので、隣では子供用に無料当てくじを企画して子供たちには沢山の景品を手にして喜んでいました。途中、集合写真を撮り、石井県域青年部長、鈴木会長、関横須賀支部長のご挨拶を頂き、最後は石井副部長の三本締めで無事終了する事が出来ました。

気候的には寒い時期でしてが家族を交えての交流が出来、開放的な場所でのコミニケーションが行なえより一層の連帯感も生まれたと思います。

イチゴ狩り その1 イチゴ狩り その2 イチゴ狩り その3

餅つき その1 餅つき その2 当てくじ

鈴木会長と事務局の方々 川崎支部 戸塚支部

横浜中央支部 横浜南支部 港南支部

湘南中央支部 湘南西支部 相模原支部

県北支部 神奈川支部 横須賀支部

緑支部 金沢・磯子支部 鶴見支部



取材者  S記者  

Copyright (c) 2004 KANAGAWAKEN-ZOUENGYOUKYOUKAI All Rights Reserved.