■横浜マイスター 極めた技術に称号


【マイスター表彰式の模様】
 横浜市では、卓越した技術を持ち、後進の育成に尽力する技能者に称号を与える本年度の「横浜マイスター」に個人では、金沢磯子支部・植周造園梶E大胡周一郎氏が選出された。

 大胡氏は4代続く造園家で自然景観を庭園に再現する伝統的技法を活かしながら現代の建築物に合わせた個人庭園を数多く手掛けている。また、技能職育成団体には当協会が選ばれた。

 同制度は、市内技能職の後継者の育成・継承と社会的評価を高める目的で1996年度から始まり、今年で9年目。マイスターは34人(うち物故者2人)、団体はとなった。称号授与式は9月3日、横浜市西区の市長公舎で行われた。



Copyright (c) 2004 KANAGAWAKEN-ZOUENGYOUKYOUKAI All Rights Reserved.