■編 集 後 記

◇創立30周年記念式典・講演会・祝賀会の状況を中心に掲載いたしましたが、式典委員会・表彰委員会・記念事業委員会、総務委員会、公園緑地部会・県域青年部会等関係者のご尽力により、なんとか無事終了できありがとうございました。事務局として色々と反省点もありましたが、ご容赦の程お願い致します。

 只今、記念誌の編集が佳境となっております。皆様には、お花見の頃に見てもらえると思います。

 30周年を一区切りとして、新たなスタートが始まりますが、造園業界にとりまして大変厳しい環境にあります。明るい未来を期待したいと思います。



Copyright (c) 2004 KANAGAWAKEN-ZOUENGYOUKYOUKAI All Rights Reserved.