■祝 辞 創立三十周年を迎えて

神奈川県議会議長 新 堀 典 彦

 本日、社団法人神奈川県造園業協会創立三十周年記念式典が、県内各地から、更には、県外から、大勢の方々のご出席のもと、このように盛大に開催されましたことを、心からお慶び申し上げます。

 そして、本日、名誉ある表彰を受けられました皆様、誠におめでとうございます。

 皆様におかれましては、今日の協会のご発展に、多大なるご貢献をいただいていることと存じます。

 この度のご栄誉をお受けになられました、日ごろのご努力に対し、深く敬意を表する次第でございます。

 さて、都市における良好な景観の形成に向けた「景観緑三法」が、昨年十二月に施行され、国民共通の財産である「緑」への関心は、ますます高まりを見せております。

 こうした中、昭和四十九年に創立以来、変化の激しい時代にあって、みどり豊かなまちづくりに成果をあげられ、めざましい飛躍を遂げて来られた造園業の皆様方の役割は、一層、重要度を増しております。

 どうか、皆様におかれましては、厳しい経営環境が続いていることと推察いたしますが、三十周年を契機とされ、建設業の中にあって、唯一と言える「緑」の専門家として、更に発展されますよう、ご期待申し上げます。

 県議会といたしましても、みどり豊かな美しい郷土・神奈川づくりに向け、全力を尽くしてまいる所存でございます。

 現在、水源の環境保全に注目が集まっております。専門家としての皆様のお知恵をぜひとも拝借させていただきたいと考えております。

 最後になりますが、神奈川県造園業協会のますますのご発展と、会員の皆様のご健勝をお祈りいたしまして、私のお祝いの言葉とさせていただきます。

 本日は、誠におめでとうございます。



Copyright (c) 2004 KANAGAWAKEN-ZOUENGYOUKYOUKAI All Rights Reserved.